• NEWS
    業界情報

    業界情報
    現在の位置:トップページ > 最新情報 > 業界情報

    美學の角度から教えてどうするのスピーカー

    Publisher:Time:2015-07-30 14:44:05View:
    スピーカーは音楽の係統の端末設備、全體への音響システムの音質の良し悪しに重要な役割を果たしている選択のスピーカーに以下の7つの側麵:
    1 .スピーカーの感度
    週知の聲の音量と効果はは聲を壓級(SPL)の標準を確定すること、スピーカー感度が高いほど説明の効能が高いほど、明らかにそんなに重要で出力感度のため、出力1増加1倍壓級3db聲だけが増えて、愛HIFIの紅號EXシアタースピーカーの感度を95db半雙/ 100w、乙のスピーカー半雙の感度を95db /9月に、私たちは、それぞれ2台の相応のパワーアンプを推進する紅號EX、乙のスピーカー(スピーカーとパワーアンプのインピーダンスを無視する)。定格出力時それらの音圧レベルはそれぞれ紅號EX115db、乙のスピーカー112db、紅號EXの音圧レベル高い乙のスピーカーの音圧レベル3db;もし乙のスピーカーを達成する紅號EX同じ音圧レベルなら、更に増加1匹の感度を90db /9月のスピーカー。つまり1匹の感度を96dB / 100 W音響効率、可視感度の重要性、コストパフォーマンスもこれが垣間見える。
    體積大低効率の音響は感度が高い、小型の高効率のスピーカーに取って代わり、愛HIFIは當今のスピーカーの発展の趨勢と科學技術の発展の必然的な結果。もし採用乙スピーカーとだけではなく、増加のスピーカーとパワーアンプの數を増やしてきっと支出、またためだけに多くのスピーカーは同時に使うスピーカーの間に位相歪や音波幹渉。もし採用愛HIFIの紅號EXシアタースピーカーは相応の減少のスピーカーとパワーアンプの數が、支出を節約するかを高めるためのパワーアンプのスピーカーの等級は、最も重要なのは、スピーカーとパワーアンプの減少によって、スピーカーの間に生じない深刻な位相歪や音波幹渉を大幅に高めた聲の解像度や均一度。
    2 .スピーカーの週波數応答の均一性
    スピーカーを確保するために達することがいいの週波數応答と音場均一度、提案を選ぶ時木製スピーカーの最良の選択頻響範囲(20Hz~20KHz)が、不均一度誤差は小さくて、最も出力定格範囲內の音場均一度誤差は/ - 3dB內。
    3 .スピーカーのひずみ
    スピーカーの歪み度はきっと小さいほど良くて満パワー、高聲圧出力時、全體のスピーカーシステムの全高調波歪みは以下の5パーセント。