• 最新情報

    最新情報
    現在の位置:トップページ > 最新情報

    • カラーテレビの反ダンピング裁決確実になっている中國の海外生産求變価額
      2015-04-11
      數を示す企業家カラーテレビはアメリカカラーテレビの反ダンピング事件結果控訴、しかし中國のカラーテレビの出口戦略存在易を人に攻撃の重大なミスは爭えない事実。反ダンピング事件の結果を説明して、中國のカラーテレビ企業は國際化の能力を備えて、國際化の経験が乏しい。統計資料によると、今後數年、國內の生産能力を超えるカラーテレビ業殘り3500萬台の生産能力を探し、釈放の割には急務。反ダンピング事件結果情勢が定まるの情況の下で、中國のカラーテレビ出口戦略を迫られた重大な調整は、大規模なOEM輸出や労働密集型安価低技術製品輸出主體のモードは次第に歴史舞台フェード。しかしアメリカとEUなどの市場はWTO加盟後、中國企業に入らなければならないかつ回避できない主流市場。ため、既存のいくつかの企業を持って展望性の出口戦略となる中國新型主力武器輸出のカラーテレビ。
    • 企業は必要な國際市場へ
      2015-04-11
      利用産地國の市場優位性は、多くの國際市場に進入した會社の通常のやり方を取る。同じ種類の製品、さらに同じ種類のブランド、異なった國家で、異なる価値を表示。例えば、ボーイング飛行機は、中國を含めた28カ國の15000の工場をその生産ゼロ、コンポーネントで、最後にはアメリカふりセット、アメリカ製造名義の輸出で、その価値を増し。そして同じアメリカ技術の麥道、全てアメリカ本土の生産のゼロ、モジュール、生産の「麥道」の飛行機は難しい輸出も、國內旅客を受けたくない。もちろんたくさんの要素は主に中國の産地、この短期間で変わりにくいの商業の心理が形成された産地優位。
    • OEM発展ODM産業のグレードアップ
      2015-04-11
      はすべての企業の実力を康佳海外投資、しかし大多數の企業が以下の例を參考にする。
      ハイテク株下落ナスダック普遍の場合は、その株格付けされて引き上げの一部は:それは満足しない簡単に組立品ではなく、始まりに足を踏み入れる製品設計、完成品図麵から製品までの全過程、OEMから発展したODM。
    • OEMの中に存在する法律問題と解決方法
      2015-04-11
      OEMの中に存在する法律問題
      1 .當事者が契約の法律意識
      2 .委託先提供の商標は第三人の商標
      3 . OEMメーカー未經委托當方に同意を無斷で市場での販売OEM製品
      4 . OEMメーカーの製品の販売時に違反して我が國《商標法』の規定
      5 . OEM製品に表示した偽のメーカー、工場所在地、産地
    • OEMの発展の歴史
      2015-04-11
      OEM(オリジナルEquipment Manufacturer)は社會化大手プロダクション、大協力トレンド下の1種の道でも、資源の合理化の効果的な方法の1つで、社會化大手プロダクションの結果。ヨーロッパで、早くも20世紀60年代からは立てOEMの性質の産業協會は、1998年のOEM生産貿易は3500億ユーロを占め、ヨーロッパ工業総生産の14%以上、OEM生産はすでに現代の工業生産の重要な構成部分。経済のグローバル化の発展の勢いのいっそう加速、OEMメーカーが需要はもっと大きい範囲內でOEM先に選んで、特に加工製造コストの安い國と地區へ移動。
    共4 頁 頁次:3/4 頁<<<1234>>>