• 最新情報

    最新情報
    現在の位置:トップページ > 最新情報

    • OEM生産側のメリット方式を採用して
      2015-04-11
      購入方に対して、供給側は相対的に受動的な地位を採用して、しかし、OEM方式は依然として高い収益。
      1 .國際市場に進入し、國際競爭に參與して
      國內家電などの業界の競爭が激しく、市場傾向が飽和狀態になると、いくつかの國內製造企業のための市場を開拓し、海外ブランドのOEMをして。企業のグローバル意識が強くなった。
      2 .規模生産コストを下げる
      近代化の生産で普遍的に存在している規模の経済効果、すなわち生産規模の拡大につれてみせて単位コストの減少傾向。これからは専門化分業の深化し、固定コストシェアリング。もし企業の存在この生産能力過剰の場合、コストが低下しの効果はもっと明らか。參與OEM供給を意味、生産規模の拡大が増えただけでなく、製品の売れ行きで、しかもコストを下げて。

    • ODMとOEMの主要な違い
      2015-04-11
      ODMとOEMの主要な違いは後者は、依頼側の製品設計案――いずれも全體設計は誰が完成した――且つ委託先をしてはならない。第三者が提供する設計の製品を採用し、前者の設計から生産は生産者自ら完成、産品成形後側を価額歩く。生産側にできるかどうかは第三者生産同じ製品、価額買い取り方次第かどうかこの設計案。OEM商品を注文仕立てのブランドメーカーの生産後も、同ブランド名しか使えない、絶対に冠に生産者は、自分の名前を生産。そしてODMはブランド企業は製品の版権を買い取り。しなければ、自分の組織の生産メーカーに権さえすれば、企業會社の設計することができない。はっきり言って、OEMとODMと異なる點は、コア製品は一體誰有知的財産権の場合は、委託側は製品の知的財産権、それはOEM、通稱“品質”;もし生産者を全體設計、それはODM、通稱「価額」。
    • 大東駿通電子有限會社(ZDL)は品質を一位としている製造會社。
      2015-04-11

      大東駿通電子有限會社(ZDL)は品質を一位としている製造會社。

      ZDLは國際標準に適合している製造會社で、中國及びカンボジアに二つ工場を持っている、50以上の國に輸出しています。効率と品質及び信用をサービス宗旨として、5000以上の従業員がZDLで、努力して仕事をやっております。國際ビジネスバートナーとして、ISOとEICCに従って生産と輸出、お客様の要求を達成するために、全力を盡くす、精一杯頑張ります。


    共4 頁 頁次:4/4 頁<<<1234>>>